[2015年7月夏ドラマ]前田敦子がバツイチの”永遠のマドンナ”に!「ど根性ガエル」

俳優の松山ケンイチが主演で、日テレで2015年7月11日(土)からスタートする新ドラマ「ど根性ガエル」の主要なキャストが発表された。新ドラマ「ど根性ガエル」は、原作漫画から16年後の30歳になった主人公のひろしとTシャツに張り付いた平面ガエル・ぴょん吉の姿を実写化して描くドラマ。
松山ケンイチが16年後の実写化で30歳のダメ男ひろしに!「ど根性ガエル」

永遠のヒロインは前田敦子

ひろし()の永遠のマドンナである京子ちゃんを演じるのは、AKB48の元メンバーで女優の前田敦子。ひろしと久々に再会した京子ちゃんは16年前とは違い、結婚生活に失敗した29歳でバツイチ。そんな京子ちゃんを救うべく、ひろしがど根性を見せる。どこか影を背負っている役が一番似合うのが前田敦子だったらしい。23歳の前田敦子がどのように29歳バツイチの京子ちゃんを演じるのか楽しみである。

中学時代の仲間たち

主人公のひろしが通っていた下町中学校の仲間たちのキャストも決定した。
ひろしを慕ってた一年後輩の五郎を、俳優の勝地涼が演じる。16年後の現在は、持ち前の男気で立派な警察官となり、町の交番で平和を守っている。勝地涼は「ヤメゴク」(2015年TBS)に続く連ドラ出演となる。
そしてひろしの一年先輩だったゴリライモを、俳優の新井浩文が演じる。ガキ大将だったゴリライモは、今ではパン工場の若社長になっている。強面だけど根は優しい男なのである。ちなみにゴリライモの本名は、五利良イモ太郎(ごりらいもたろう)である。
2015年夏7月期スタートの新ドラマ情報一覧

母ちゃんと町の人たち

女優の薬師丸ひろ子が、50歳になったひろしの母ちゃん役を務める。女でひとつでひろしとぴょん吉を育てた一番のど根性の母親である。ゴリライモのパン工場で働いている。
そして、宝寿司の店主になっている梅さんこと佐川梅三郎(52)には光石研、ドラマのオリジナルキャラクターである京子ちゃんのばあちゃん(72)には白石加代子、梅さんといい仲であり、ひろしの中学校の先生・よし子先生(40)には白羽ゆり、ひろしの中学の担任で現在は校長になっている町田先生(64)にはでんでんがそれぞれ決定した。
松山ケンイチが16年後の実写化で30歳のダメ男ひろしに!「ど根性ガエル」

番組情報

土曜ドラマ『ど根性ガエル』/日本テレビ

  • 放送日時:2015年7月11日(土)スタート 毎週土曜21:00~
  • 出演  :、満島ひかり(声の出演)、、勝地涼、光石研、でんでん、白羽ゆり、新井浩文、白石加代子、薬師丸ひろ子
  • 原作  :吉沢やすみ「ど根性ガエル」(集英社)
  • 脚本  :岡田惠和
  • 音楽  :サキタハヂメ
  • 演出  :菅原伸太郎、狩山俊輔
  • チーフプロデューサー:伊藤響
  • プロデューサー:河野英裕、大倉寛子
  • 制作協力:AXON

↓コチラのページを参考・引用しました。
ど根性ガエル|日本テレビ

【2015年秋】10月スタートの新ドラマ情報一覧【ドラマ】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

Comment

  1. […] レで2015年7月11日(土)からスタートする新ドラマ「ど根性ガエル」の主要なキャストが発表された。 [引用元] 前田敦子がバツイチの”永遠のマドンナ”に | おすすめ!!新ドラマ情報 […]