[2015年7月夏ドラマ]東山紀之が風変わりな刑事で難事件を解決する!「刑事7人」

2015年7月からテレビ朝日で、東山紀之が主演する新ドラマ「刑事7人」がスタートする。7人の超個性的なメンバーが、「事件のタイムライン」を緻密につなぎ合わせながら、難解な刑事事件の真相に迫る本格派刑事ドラマ。新ドラマ「刑事7人」は2015年7月15日(水)スタートで、放送は毎週水曜夜9時から。

「相棒」枠に新たな刑事ドラマ

2015年7月15日(水)からテレビ朝日の水曜夜9時枠で、少年隊のメンバーで俳優の東山紀之が主演する新ドラマ「刑事7人(けいじしちにん)」がスタートする。難解な事件に7人の刑事たちが挑む。空白の時間を埋めながら「事件のタイムライン」を緻密につなぎ合わせていき、難事件の真相と事件関係者たちの想いを浮き彫りにしていく。「相棒」や「警視庁捜査一課9係」などの人気刑事ドラマを生み出しているテレビ朝日の水曜夜9時枠で、新たな刑事ドラマがスタートする。

東山紀之は「時間」に執着する刑事

新ドラマ「刑事7人」で主演を務める東山紀之は、警視庁遺失物センターから警視庁捜査一課12係に配属された新任刑事・天城悠(あまぎゆう)を演じる。「時間」に対してこだわりを持つちょっと風変わりな刑事である。一見朗らかで人懐っこく、悪く言えば無遠慮で協調性が無い。勝手に単独行動をとることもしばしばあり、何を考えているのかまったく分からない謎多き男である。しかし、捜査能力は超一級品であり、犯行時刻やアリバイ時刻、タイムリミットなどの加害者と被害者のタイムラインから生じる「空白の時間」に隠された意味と真相を探っていく。

“刑事の墓場”の捜査一課12係

新ドラマ「刑事7人」で東山紀之演じる天城が配属されるのが、「刑事の墓場」や「札付き刑事たちの追い出し部屋」と言われている「警視庁捜査一課12係」である。しかし、天城を初め12係のメンバーはいずれも警視庁屈指の精鋭にして個性派の刑事ばかり。互いにぶつかり合いながらも一人では解決できない謎を補完し合い、難事件を解決していくのである。
そしてそんな警視庁捜査一課12係のメンバーには濃厚で個性あふれる実力派俳優たちが集結する。

濃厚な個性派俳優が12係のメンバーに

リーダー的存在として12係の結束を固めていく刑事の沙村康介(さむらこうすけ)を演じるのは高嶋政宏である。正義感が強く情熱的、人間観察に秀でておりとにかく歩きまわって捜査をする。
鑑識出身ですぐにラボにこもって鑑識作業をしてしまう刑事の山下巧(やましたたくみ)を片岡愛之助が演じる。人当たりが良く博学である。
鈴木浩介は、天城()のバディとなる刑事の永沢圭太(ながさわけいた)を演じる。慢性的にやる気が無いが、正義感が強く張り切り屋な男である。天城の助手役に徹していく。

一癖も二癖もある実力派俳優も

12係において紅一点となる女刑事・水田環(みずたたまき)は倉科カナである。容姿端麗でクールだが、実は情熱家の帰国子女。男勝りの性格で口が悪いが、さまざまな有益情報を集めてくるのである。
そしてこの12係に超個性派メンバーを招集した張本人である捜査一課12係の係長・片桐正敏(かたぎりまさとし)には吉田鋼太郎がキャストされた。管理畑出身という異色の経歴を持ち、事件解決のためには手段を選ばない結果至上主義者である。天城()を10年ぶりに捜査一課に呼び戻したのも片桐である。
最後の7人目となるのは、殺人事件が発生した際に司法解剖をする法医学教室教授の堂本俊太郎(どうもとしゅんたろう)を北大路欣也が演じる。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、天城らの捜査方針を180度変えることもある重要な人物である。

新たな視点で胸熱の本格刑事ドラマ

新ドラマ「刑事7人」は、新たな視点の刑事ドラマである。被害者と加害者の時と時が重なり合った瞬間、殺人事件は起きており、そのタイムラインを丁寧につなげていくと、事件の真相と事件関係者達の思いが浮き彫りになってくる。7人の超個性的なメンバーが巻き起こす胸の熱くなるような人間ドラマ、そして本格派刑事ドラマが、2015年の夏にスタートする。
2015年夏7月期スタートの新ドラマ情報一覧

番組情報

水曜9時枠『刑事7人』/

↓コチラのページを参考・引用しました。
刑事7人|テレビ朝日

【2015年秋】10月スタートの新ドラマ情報一覧【ドラマ】

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone