[視聴率]2014年7月期 不倫する人妻ドラマ「昼顔」は好視聴率

2014年7月からフジテレビ系列で放送された女優・上戸彩が主演で不倫とテーマにした連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。平均視聴率は13.9%でドラマ終盤には15%を超えるなど、好視聴率を記録した。連続ドラマ「昼顔」の各回視聴率と平均視聴率をグラフにまとめました。
W不倫ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」

人妻が不倫をするドラマで注目を集める

昼顔視聴率グラフ

2014年7月期連続ドラマ「昼顔」の視聴率グラフ

主演を女優の上戸彩が勤め、吉瀬美智子や斎藤工、北村一輝など豪華なキャストで放送された連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。平凡な主婦が不倫に奔るストーリーで放送前から注目を浴びていた。
初回の第一の視聴率は13.3%とまずまずのスタート。中盤の第6話では「昼顔」の最低視聴率となる10.9%を記録し10%のラインを割りそうであったが、その後ドラマ終盤では15%を上回る視聴率となり、最高視聴率は第10話の16.7%、「昼顔」全話の平均視聴率は13.9%となった。

好調な出だしだが前半の視聴率は伸び悩む

女優の上戸彩が不倫をする平凡な主婦を演じるなどドラマ開始前から話題を呼んでいた連続ドラマ「昼顔」であるが、第1話よりも第2話の視聴率が下がるという一般的なドラマとは異なり第2話の視聴率は13.5%と、第1話の13.3%を上回った。
しかし、第3話以降の視聴率は徐々に下がり第6話の視聴率は10.9%となり、このまま行けば10%の視聴率を割るのではないかというところまで下がってしまった。第1話、第2話と好調な出だしであった連続ドラマ「昼顔」であるが、前半のその後は視聴率が伸び悩んでしまった。

後半は勢いを取り戻し最高視聴率は16.7%

前半の第6話では視聴率が10.9%と伸び悩む結果となってしまった連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」であるが、後半の視聴率は勢いを取り戻し第10話には最高視聴率の16.7%を記録した。
第7話で吉瀬美智子演じる利佳子が夫に離婚届を提出、第8話では上戸彩演じる紗和が不倫相手の妻から平手をされるなどストーリーが大きく展開した。その流れに乗るように視聴率も上昇し、第10話での最高視聴率、そして最終話の第11話も高視聴率を記録した。

平均視聴率13.9%で第2位

女優の上戸彩と吉瀬美智子が不倫妻を演じた連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」は、ドラマ放送前から話題を集めていたが、それと同時に不倫を扱う同ドラマに対しての批判も多かった。しかし良く練られた脚本のおかげなのか好視聴率を記録した。
結局最終的に平均視聴率は13.9%となり、21.3%の平均視聴率を記録したフジテレビの連続ドラマ「HERO」に次ぐ結果となり、2014年7月期のドラマでは2位となった。
2015年冬1月期スタートの新ドラマ情報一覧

連続ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」各回の視聴率

  •  ・第1話 13.3%
  •  ・第2話 13.5%
  •  ・第3話 12.0%
  •  ・第4話 13.1%
  •  ・第5話 11.8%
  •  ・第6話 10.9%(最低視聴率)
  •  ・第7話 13.8%
  •  ・第8話 15.6%
  •  ・第9話 15.1%
  •  ・第10話 16.7%(最高視聴率)
  •  ・第11話 16.5%
  •  
  •  ・平均  13.9%

※視聴率のデータはWikipediaの”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”(http://ja.wikipedia.org/wiki/昼顔~平日午後3時の恋人たち~)から引用しました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone