[2016年7月夏ドラマ]向井理が”ペロペロ”するギャグ満載のコミカルミステリー・ドラマ!『神の舌を持つ男』

2016年7月からTBSで、向井理が主演する新ドラマ「神の舌を持つ男」がスタートする。全国の秘湯を舞台に、3人の男女が寝食を共にしながら謎の温泉芸者を探し求めるコミカル・ミステリー・ドラマ。新ドラマ「神の舌を持つ男」は2016年7月8日(金)スタートで、放送は毎週金曜夜10時から。

ギャグ、パロディ、オマージュ満載のコミカル・ミステリー

2016年7月8日(金)からTBSの金曜ドラマ枠で、俳優の向井理が主演する新ドラマ「神の舌を持つ男」がスタートする。全国の秘湯と呼ばれる温泉地がドラマの舞台。向井理は共演者の木村文乃と佐藤二朗と一緒に、寝食を共にしながら一台の車で温泉地を巡り、謎の温泉芸者・ミヤビを探し求めるが行く先々で事件に巻き込まれその謎解きをする。堤幸彦の脚本のもとに繰り広げられる、ギャグ、パロディ、オマージュ満載のコミカル・ミステリー・ドラマである。

向井理は舌にのせた物の成分を分析できる能力を持つ男

新ドラマ「神の舌を持つ男」で主演を務める俳優の向井理は、眼鏡を掛けたのび太風の変わり者・朝永蘭丸(ともながらんまる)を演じる。ちょっとダサくて世間知らずだが、なんだか憎めず可愛らしい青年である。しかし蘭丸は、舌にのせたものをガスクロマトグラフィーのように分析する能力を持つ男なのである。そして何故か行く先々で事件に巻き込まれ、その謎解きをするのであった。

主演・×演出・堤幸彦

主演の向井理は、ドラマ版や劇場版の「SPEC」()や舞台「悼む人」(2012年)、映画「天空の蜂」(2015年)で監督の堤幸彦と一緒に仕事をしている。最近は、スペシャルドラマ「永遠の0」(テレビ東京、2015年2月)や連続ドラマ「遺産争続」(2015年10月~)で主演を務めている。
向井理は、「事件はもちろん、ゲストも濃い方ばかりなので、様々な堤演出を楽しんでいただければと思います」とコメントしている。

木村文乃と佐藤二朗が共演

新ドラマ「神の舌を持つ男」で主演の向井理と共演するのは、女優の木村文乃と俳優の佐藤二朗。木村文乃は、2時間サスペンスドラマのマニアであるウザカワ女・甕棺墓光(かめかんぼひかる)を演じる。そして佐藤二朗は、ドラマの中で暴走しがちな蘭丸()と光()を鋭いツッコミでまとめる、3人のなかで唯一まともな人格者・宮沢寛治(みやざわかんじ)を演じる。性格の違う3人が繰り広げるギャグ満載でコミカルな掛け合いがこのドラマの見どころになるだろう。

脚本・堤幸彦が構想に20年費やした念願のドラマ

新ドラマ「神の舌を持つ男」で脚本を担当するのは、映画監督でもある堤幸彦である。同ドラマは堤幸彦が20年も構想に費やした念願の作品で、ギャグやパロディ、そしてオマージュ満載の堤ワールドが炸裂する。
堤幸彦は、KinKi Kidsの堂本剛が主演したドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ)の演出でその名を一躍世間に知らしめ、その後「ケイゾク」()、「池袋ウエストゲートパーク」()、「TRICK」(テレビ朝日)、「SPEC」()などのドラマシリーズ等のヒット作を手がけて堤ワールドを確立していった。

向井理の”ペロペロ”が見どころ

光()が捜査の手掛かりとなりそうな物を蘭丸()に舐めさせて”ペロペロ”と分析するのがドラマの見どころだという。また「僕を舐めないでもらおう!」と人差し指を立てるのがお約束のポーズ。3人の掛け合いに堤ワールドが炸裂するギャグ要素満載のコミカル・ミステリーの新ドラマ「神の舌を持つ男」は2016年7月から毎週金曜の夜10時に放送される。
[TVドラマ]2016年夏7月期スタートの新ドラマ情報一覧

番組情報

金曜ドラマ『神の舌を持つ男』/

  • 放送日時:2016年7月8日(金)スタート 毎週金曜22:00~
  • 出演  :、日野正平、宅麻伸
  • 演出  :堤幸彦、伊藤雄介、加藤新
  • 脚本  :櫻井武晴
  • 音楽  :荻野清子
  • プロデュース:植田博樹、楠千亜紀(オフィスクレッシェンド)
  • 製作著作:

↓コチラのページを参考・引用しました。
金曜ドラマ『神の舌を持つ男』|TBSテレビ

これから放送のスペシャルドラマ情報一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone