[2015年10月秋ドラマ]オダギリジョーが駄菓子屋主人の人情物語『おかしの家』

2015年10月からTBSで、オダギリジョーが主演する新ドラマ「おかしの家」がスタートする。下町の小さな駄菓子屋で繰り広げられる、過去や夢、そして痛みに向き合い、また歩き出す暖かな物語。新ドラマ「おかしの家」は2015年10月21日(水)スタートで、放送は毎週水曜深夜11時53分から。

本当に大切なものに気付き再び歩き出す物語

2015年10月21日(水)からTBSの新設される深夜ドラマ枠「水ドラ!!」で、俳優のオダギリジョーが主演する新ドラマ「おかしの家」がスタートする。東京・下町の小さな駄菓子屋を守る男と仲間たちが、それぞれの過去や夢、痛みに向き合い、本当に大切なものに気付き再び歩き出す暖かな物語である。若手監督の石井裕也がドラマの脚本・演出を担当する。

駄菓子屋を切り盛りするオダギリジョー

新ドラマ「おかしの家」で主演を務めるのは俳優のオダギリジョー。オダギリジョーは、東京の下町で祖母が営む駄菓子屋を守ろうと奮闘している主人公・桜井太郎(33)を演じる。太郎は駄菓子屋を立て直そうとするがなかなか上手くいかない。毎日のように店の裏口で幼なじみの友達や常連客たちとおしゃべりをする居心地は良いがグズグズな日々をすごしていた。しかし、離婚を機にシングルマザーとなって地元に帰ってきた幼馴染の同級生との再会で、徐々に「本当に大切なもの」に気づいていく…。

人間の両面を最高の形で真空パック

新ドラマ「おかしの家」で主人公を演じるオダギリジョーは、2014年4月から放送された「リバースエッジ 大川端探偵社」(テレビ東京)に次いでの連続ドラマ主演となり、TBSの連続ドラマでは2009年に放送された「ぼくの妹」以来の6年ぶりとなる。人は本当に大切なものもすぐに見失ってしまうが同時に愛おしい生き物であり、今回集まるスタッフ・キャストならそんな人間の両面を、最高の形で真空パック出来ると思います、とオダギリジョーは話している。

尾野真千子はシングルマザーのヒロイン役

新ドラマ「おかしの家」で、離婚を機に地元に戻り太郎()と再会するヒロイン・木村礼子(33)役を、女優の尾野真千子が演じる。初恋の相手が太郎である礼子は28歳で結婚したが、夫の浮気とマザーコンプレックスが原因で離婚し、5歳の息子と地元に戻ってきた。実家には帰らずレストランで皿洗いの仕事をしながらアパートで暮らしている。
その他、新ドラマ「おかしの家」には、俳優の勝地涼や女優の八千草薫なども出演する。

脚本・演出は注目若手監督の石井裕也

新ドラマ「おかしの家」が放送されるTBSの深夜ドラマ枠「水ドラ!!」は、深夜帯ならではのエッジの利いた企画への挑戦と、次世代クリエイターの発掘と育成を目的として新設されたものである。その第一弾として、映画「川の底からこんにちは」(2009年)でブルーリボン賞を、映画「舟を編む」(2013年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した若手監督の石井裕也が脚本・演出を担当し、TBSの若手クリエイターたちとともにドラマを創り上げていく。

笑いと涙と人間味溢れる物語

日常に追われる中で見失ってしまった、本当に大切なものに気づいていく、笑いと涙と人間味の溢れた心温まる物語である新ドラマ「おかしの家」は、2015年10月からスタートする。
【2015年秋】10月スタートの新ドラマ情報一覧【ドラマ】

番組情報

水ドラ!!『おかしの家』/

  • 放送日時:2015年10月21日(水)スタート 毎週水曜23:53~
  • 出演  :
  • 原作協力:「うちのネコが訴えられました!?-実録ネコ裁判-」(KADOKAWA)
  • 演出  :石井裕也(川の底からこんにちは」舟を編む)、池田 克彦(ウロボロス、表参道高校合唱部!)
  • 脚本  :石井裕也、登米裕一(くちびるに歌を、僕らはみんな死んでいる)
  • プロデュース:佐野亜裕美、河添太(角川映画)
  • 製作著作:TBS
  • 制作協力:角川映画

↓コチラのページを参考・引用しました。
水ドラ!!『おかしの家』 | TBSテレビ

これから放送のスペシャルドラマ情報一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone