[2015年1月冬ドラマ]西島秀俊でベストセラー小説の映像化!「流星ワゴン」

2015年1月からTBS系で俳優の西島秀俊主演の新ドラマ「流星ワゴン」がスタートする。重松清のベストセラー小説「流星ワゴン」を映像化する。新ドラマ「流星ワゴン」は2015年1月スタートで、放送は毎週日曜夜9時から。

西島秀俊で人生の再生と家族愛を描く

2015年1月からTBS系の日曜劇場で、新ドラマ「流星ワゴン」がスタートする。原作は直木賞作家・重松清の人気小説でベストセラー小説である「流星ワゴン」。主役は俳優の西島秀俊が務める。突然現れたワゴンカーで人生の分岐点に戻り後悔の人生をやり直すためのドライブが始まる。

豪華で多彩なキャストが揃う

新ドラマ「流星ワゴン」は主役の西島秀俊を初め、豪華なキャストが揃っている。
ドラマの主人公で、日々正直に生きているが妻子の心の闇を見過ごして家庭が崩壊してしまう会社員の永田一雄を西島秀俊が演じる。一雄の妻で良き妻・良き母であったが、完璧すぎる夫から逃れたいと感じ心のバランスを失ってしまう永田美代子役は女優の井川遥が務める。一方、俳優の香川照之が、破天荒で血気盛んに数々の事業を成功させた一雄の父・永田忠雄役を演じる。
さらに、突如一雄の前に現れるワゴンカーを運転する橋本義明役を吉岡秀隆、一雄の母を倍賞美津子、妹を市川実和子のキャストがそれぞれ決まっている。

物語は21世紀のバック・トゥ・ザ・フューチャー

新ドラマ「流星ワゴン」のストーリーは21世紀の日本版バック・トゥ・ザ・フューチャーだ。
リストラを宣告され妻からは離婚を切りだされ、家では息子の家庭内暴力が止まらない。さらに末期がんの父親との確執が存在する一雄()。駅前で座っていた一雄の前に、5年前に無くなっているはずの橋本(吉岡秀隆)が運転するワインカラーのワゴンが止まる。そこから過去の大切な場所を巡る不思議なドライブが始まる。さらに、一雄と同い年の父・忠雄()も現れる。ドライブをしているうちに一雄には気づかなかった多くのことが見え始める。 様々な家族関係を軸に、人生の再生と家族愛を描いた物語がスタートする。

MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜〜 Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 西島秀俊 ]

原作は直木賞作家のベストセラー小説

新ドラマ「流星ワゴン」の原作は、直木賞作家・重松清の同名作品である。
重松清は1999年に「ナイフ」で坪田譲治文学賞を受賞。まだ同年に「エイジ」で山本周五郎賞を受賞している。そして2001年には「ビタミンF」で第124回直木賞を受賞した。
今回のドラマの原作となる「流星ワゴン」は2002年に単行本が刊行され、その後の文庫化を合わせて累計発行部数が100万部を突破する大ベストセラー小説となっている。重松清の作品には現代の社会問題や教育問題、家庭問題などを鋭い切り口で取り上げたものが多い。
2015年冬1月期スタートの新ドラマ情報一覧

番組情報

日曜劇場「流星ワゴン」/TBS

  • 放送日時:2015年1月スタート 毎週日曜21:00~
  • 出演  :、市川実和子、髙橋洋、入江甚儀、町田啓太、高木星来、横山幸汰、倍賞美津子、吉岡秀隆
  • 原作  :重松清「流星ワゴン」(講談社刊)
  • 脚本  :八津弘幸
  • 脚本協力:松田沙也
  • 音楽  :千住明
  • 演出  :福澤克雄、棚澤孝義、田中健太
  • プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎
  • 製作著作:TBS

↓コチラのページを参考・引用しました。
TBS:http://www..co.jp/ryusei_wagon/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone