[2015年1月冬ドラマ]ミタチーム再集結で柴咲コウが連ドラ初主演!「○○妻」

日本テレビ系で2015年1月から新ドラマ「○○妻(まるまるつま)」が始まる。女優の柴咲コウが主演で、少年隊の東山紀之も出演する。「家政婦のミタ」を手がけた制作チームが再集結し、究極のラブストーリーで新しい夫婦のカタチを描く。新ドラマ「○○妻」は2015年1月スタートで放送は毎週水曜日午後10時から。

新しい夫婦のカタチを描く究極のラブストーリー

2015年1月から始まる新ドラマ「○○妻(まるまるつま)」で、女優の柴咲コウが連続ドラマで初となる主演を務める。また少年隊の東山紀之も出演することが決まっている。新ドラマ「○○妻」は、2014年10月期に放送され大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」の制作チームが再集結して「○○妻」を手がける。
柴咲コウは、自分の人生を夫のために捧げ、つねに三歩下がって夫に付き添っていく妻を演じる。そして東山紀之は、スポンサーやテレビ局の慣例などものともせずに型破りな発言で支持を得ているニュースキャスターの久保田正純を演じる。正純()はニュース番組のメインキャスターに抜擢されるが、そこには結婚6年目である○○妻の内助の功があった。なぜ○○妻は徹底的に夫の正純に尽くすのか?新しい夫婦のカタチを究極のラブストーリーで描く。

“家政婦のミタ”制作チームが再集結

新ドラマ「○○妻」の制作には「家政婦のミタ」を手がけたメンバーが再び集結している。2011年10月期に日本テレビ系で放送された連続ドラマ「家政婦のミタ」は最高視聴率が40.0%を記録した大ヒットドラマである。笑わない家政婦のミタがある家族を再生させるストーリーでミタのセリフ「承知しました」は流行語になった。
その大ヒットドラマの脚本を手がけた遊川和彦が「○○妻」で再び脚本を担当する。そして同じく「家政婦のミタ」をプロデュースした大平太プロデューサーと制作チームが再集結して「○○妻」を手がける。構想に3年をかけ新しい夫婦のあり方を描いていくドラマになるということである。

デュベティカ DUVETICA ダウン レディース ダウンコート ダウンジャケット エースウール エース ウール ロング ACE アーチェ アチェ 2014-2015AW

○○妻を持つのニュースキャスター役・

少年隊の東山紀之が演じるのは、スポンサーやテレビ局の慣例など物ともせずに型破りな発言で支持を得るニュースキャスターの久保田正純役である。「俺の言葉で社会を変えてやる!」と熱い志を持った男を演じる。その正純がニュース番組のメインキャスターに抜擢されるが、それは結婚6年目である○○妻の内助の功があってこそである。
最近、東山紀之はテレビ朝日系の「必殺仕事人」やNHK BSの「大岡越前」など時代劇ドラマへの出演が多く、民放テレビ局の連続ドラマ出演は2010年7月期に放送されたTBS系のドラマ「GM~踊れドクター」以来5年ぶりとなる。

主演の○○妻は最後の大物女優

新ドラマ「○○妻」で主演を務めるその”○○妻”役には、連続ドラマ初主演となる女優の柴咲コウが決定して発表された。
東山紀之が演じる久保田正純の妻で結婚して6年目となる”ひかり”である。正純がニュース番組のメインキャスターに抜擢されたのもひかりの内助の功があってこそであるが、なぜここまで徹底的に夫に尽くすのか?そこには秘密があったのである。”○○妻”の○○に入る言葉であるが、それは夫婦のスタンスを表すようなものであり、第1話の最後に明らかになる予定である。2話目以降はそれを貫く理由が徐々に明らかになっていく。
2015年冬1月期スタートの新ドラマ情報一覧

番組情報

水曜ドラマ「○○妻」/日本テレビ系

  • 放送日時:2015年1月スタート 毎週水曜日22:00~
  • 出演  :、黒木瞳、城田優、蓮佛美沙子、奥貫薫、渡辺真起子、岩本多代、平泉成、
  • 脚本  :遊川和彦
  • チーフプロデューサー:伊藤響
  • プロデューサー:大平太、福井宏、大田雅晴(5年D組)
  • 演出  :猪股隆一、日暮譲(5年D組)、鈴木勇馬
  • 制作協力:5年D組
  • 制作著作:日本テレビ

↓コチラのページを参考・引用しました。
日本テレビ:http://www.ntv.co.jp/tsuma/

2015年春4月期スタートの新ドラマ情報一覧

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone